ポケットwifiを紛失した時は

ポケットwifiはとても便利な道具です。携帯する事でどこでもネット環境が得られるためです。フリーのwifiスポットが最近では増えてきました。公共施設や飲食店等にも置かれています。フリーのwifiスポットを使えば、手元のスマートフォンやタブレットがネット環境に出来ます。

ただし、フリーのwifiスポットはセキュリティ面で難があります。個人情報の管理、ウイルス対策の面からはあまり推奨されていません。また単純に通信速度が遅かったり、登録するためにはお店の会員になる必要があったり、利用に制限時間があったり、そもそも通信の品質が悪い等、デメリットが目立ちます。

ポケットwifiであれば自分が用意した高品質なネット環境で、インターネットの利用が出来ます。自前の回線ですので、セキュリティ面は完璧です。また通信速度も安定しています。回線の品質も良く、フリーのスポットのように度々通信が切断されるという不具合とは無縁です。

ただ、ポケットwifiのルーターはとても小型です。うっかりどこかに置き忘れてしまったり、道端で落としてしまったりと、物理的な問題から紛失してしまう事があります。

紛失した場合はとりあえず自分が立ち寄ったお店に相談しましょう。ファストフード店の席などにもし置き忘れてしまったなら、店員さんがしっかりと保管してくれています。また空港のラウンジや駅の休憩室などに置き忘れた場合も同様です。お客様窓口などに相談すれば、忘れ物として管理されているはずです。

一方で完全にどこで落としたか見当がつかない場合は厄介です。落とした場所が不明だと探しようがありません。本当に全く探し出せない場合は仕方ない事ですが、再びポケットwifiを取り寄せましょう。

契約しているサービスによって対応はピンきりですので、紛失した場合は契約している会社の問い合わせ窓口にその旨を相談しましょう。無償で代わりのルーターを配布してくれる場合もありますし、有償で送付という対応にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です